「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
春摘のおもい
贅沢でなくても 足りないものはたくさんあっても
「家族にとっての質の良い暮らし」をみきわめ
丁寧に暮しておられるご家族へ


シンプルで、だんだんとなじんでいく
そんな空間をお渡ししたいと
春摘は考えています。

コンセプトのきわだった「うつわ」は飽きがくるのも早いもの。
長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく住まいがいい。


おはよう、とまた顔を合わせるいつもの朝
一人になって考えごとをしたい昼下がり
喧嘩したまま飛び出して、気まずい気持ちで帰る夕方
家族みんなで大笑いして食卓を囲む、ごはんどき
悲しくて、悲しくて、眠れない夜

家族のあらゆるシーンをうけとめる家。
喜びはより大きく、楽しみは広がって。
悲しみは和らぎ、厳しい中にも、また喜びを見つける。

この家がそういう役割の一端を、になってほしい。
そういう想いをこめて設計しています。

「さりげない毎日の暮らしこそ、本当にかけがえのないもの!」
そう実感できる住まいを、春摘と一緒に作りましょう。


和田純
profilephoto
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
これまでの記事
モバイル
qrcode