「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
新年

あたらしい年が始まりました。本年もよろしくお願いします!
時々歩きに行く道があるのですが、先日の霧の強い朝 谷に靄が立ち込め
少し大げさに言えば「生きててよかったなぁ」と思えるぐらいの景色を見ました。
南インドのバックウオーターの漁村(椰子の木がたくさん自生する)での朝の光景。
西表島のトレッキングでのひとこま   にも劣らない景色を徒歩圏で見られ、
今年は近所の良いところもさらに発見していこうと 思います。
今年は、特に私と価値観の近いクライアントさん2組の住まいづくりを計画。
どちらも居住スペースだけではなく地域に開かれたコミュニティも内包した
建物になりそうで、複合的にかつシンプルに形に落とし込みたいと思っています。
今年はこの二つを計画して、見積もりをまとめるだけでおそらく春摘の仕事量は
いっぱいではないかなと思います。
サスティナブルなこと
自然エネルギーのこと
簡素な暮らしかたのこと
地域でとれる自然素材のこと
風土に合った建築物のカタチ
地域でコミュニティをおこす場のこと
などを時には友人設計士の力も借りながら 進めていきたいと思います。
年末年始は 二週間ほど 本当に本当にゆっくりしていました。
(10時間睡眠を一週間ほど続けたり!)
そろそろ やる気スイッチが自動点灯しそうです。
| - | 14:47 |
<< 南のほうへ | トップへ | 山の素材で >>
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
これまでの記事
最近の記事
モバイル
qrcode