「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
人生によりそう仕事

先週 プレゼンを済ませた住まい手 K さんとは

 

プランの方向性などを少しづつ 相談かけていましたので何も大きな

 

変更要望はなく、これから詳細の設計へスムーズに入っていけるようです。

 

(初めて顔合わせしたのは2月。ここまでで もう8ヶ月ですね)

 

 

そんなタイミングで 今日は私から住まい手 K さんへこんなメールを送りました。

 

+++

 

さて、◯◯日にお返事いただきたい宿題です(次回打ち合わせ)



新しい家に住むタイミングで 今度こそは実現させたい暮らし。


数日間、よく考えていただいた上で
優先順位 上位3つに絞り お答えください。

直接 住宅建築に関わることでなくても大丈夫ですよ。
 

 

+++

住まいを替えるというタイミングで これからの暮らしへの夢が

 

みなさん きっとあると思うんです。それは、健康になりたい!とか

 

ゆっくりとご飯を作りたい、とか 思考がクリアになりたい!

人にもっと会いに行くようになりたい!片付けが上手になりたい!

 。。。かもしれず、

 

家の設計にどこまで落とし込めるかはまだ分かりませんが、今度こそ

 

なりたい自分。そして家族 そんな姿を住まい手さんと共有することで

 

できる限りご家族に寄り添いたいな、と考えています。

 

 

 

話変わって。

 

 

 

 

別の住まい手 H さん。土地を購入したのでと、

 

新築の依頼をしてくださったんですが この頃新築を建てることへの

 

ブルーな気持ちが強まっているというご連絡。ふむふむ。

 

 

 

きっと、資源を使うことや、使いまわしたものでないものを使うことへの

 

漠然とした 罪悪感、今まで経験したことのない価格帯の話。

 

に対するしんどさなど をお持ちなのかなと思いました。

 

もしも、家を建てることが わくわくする楽しみな出来事とならないんなら

 

一旦ストップしてもいいし、もっと家の規模を小さくすることはできないか、

 

とか投げかけていました。

 

 

 

ご夫婦でご検討された今週末。

 

週明け 本日のメールでは

 

+++

 

お陰様で、現時点ではビルディングブルーはまったく解消され、

 

「どんなふうにできるだろう!?」とワクワク感に巻かれているので、、、、

 

+++

 

と きています。いろいろ考え、一休みしながら 大きなプロジェクトの

 

完成に向かわれたらいいと思っています。そのために、私は 揺れる心に

 

付き合う設計士でありたいし、建築の技術やデザインだけではない

 

人の心によりそって そのご家族にとっての 一番のチョイスが見えてくるように

 

一緒に伴走していきたいな!って 家を作るという大きな大きなできごとを

 

ゆっくりじっくりと付き合っていきたいと思います。

 

 

 

今 関わっている仕事が全て 唯一無二のもので私の人生にとっても

 

いろんな気づきがあるプロジェクトが多く、ここからの数年、私もとても

 

楽しみです。

 

ゆっくりと進めて参りましょうー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| あたまのなか | 15:48 |
<<  家族の時間 | トップへ | 南のほうへ >>
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
これまでの記事
最近の記事
モバイル
qrcode