「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
この夏休みのおもいで/鳥取岡山へ

8月は暑くて暑くて大変だったのに一ヶ月とちょっとで

こんなに過ごしやすくなってきました。夏の思い出を!
二泊三日の鳥取(岡山通過)の旅です。わたしにはいとこが
20人いるのですが、母方に14人います。母方の田舎である鳥取には
夏休みや冬休みに大集合して、合宿のような楽しい日々が繰り広げられて
いたのですが、祖父母も亡くなり足が遠のいてしまっていたのです。
今回、そのいとこのうちの一人から「久しぶりに智頭に行かん?」と誘いを
受けて、向かったのです。いとこ や はとこ や おばとの旅でした。
西粟倉で 面白そうなところで停まって のぞいて。。。廃校の運動場で
持ってきた朝ごはんやコーヒーをいただいたり。
田舎に到着。また別の従姉妹とその家族が 合流でした。
ちょうどこの日は集落の小さな小さなお祭りがあり、
私たちも 参加しました。輪投げや、ラムネ一気飲み大会などに娘たちも
飛び入り参加。
今回の大きな目的の一つでもあった タルマーリーさんへ美味しいパンを
求めて日参しました。ありきたりな言葉になりますが とっても美味しかった!
うだるような日中とはうって変わって涼しい朝の散歩。変わらず美しい
山や川の景色でした。空気が美味しい。
母達 四姉妹も通学に使っていた 小さな木造の駅舎は今も現役です。
日中あまりに暑かったので(36度超え)、山の沢に行こう!と
ゼロ歳の乳児さんまで抱っこして、杉山へ向かいました。
3日間でしたが本当にリフレッシュして日常に帰ってきました。
田舎は(私が知る限りでは40年間)変わらない風景で、自分のルーツをそこに
感じるようなそんな感覚でした。
※ 改行がうまく反映されず、読みにくくなっています。すみません。
| | 10:08 |
<< ようやく2学期です | トップへ |  家族の時間 >>
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
これまでの記事
最近の記事
モバイル
qrcode