「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
雑誌掲載のお知らせ

3月20日 発売の 住む。56号。

 

 

京都市内。マンション一階でのリフォーム。

 

7年ほど前に お引き渡ししたお住まいですが、時間を経て依頼をいただき

 

この冬、取材、撮影をしていただきました。

 

 

当時30歳ちょうどだったご夫婦。限りある予算の中、取捨選択をしながら
センスのよいご夫婦の暮らしがすっとなじむように、暮らしやすいように工夫し
ごく自然に計画がまとめられました。また、大工さん、住まい手さんとの
プロセスも楽しいものでした。ふたりの息子さんたちの成長とともに
スギの床は傷を増やし、オイル拭きを重ね、またそれも味わいとなって
いました。
ご家族がLDKの隅々まで使って暮しておられる様子を(北の寒い個室へは
みんなあまり行かないとのことです)目を細めて拝見してきました。
よかったら、ご覧ください。

 

 

| 設計 | 13:44 |
<< やっとわかった食洗機のこと | トップへ | 赤ちゃんのつなぎ >>
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
これまでの記事
最近の記事
モバイル
qrcode