「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
どんぐりぼうしの草木染め

 

母にもらってきたパシュミナ。軽くてとても温かかったのですが色が…

 

タイのお坊さんが使うような神々しい金色。ちょっと外には巻いて出れないねぇ

 

と残念がっていたのですが、ご近所に住むNちゃんが どんぐりの帽子で染めると

 

いいと思う!というアドバイスをくれました。

 

 

 

 

 

 

12月の日曜日。いろいろ雑用が山積みの師走ですが、次女がどうしても

 

一緒に染めたいというので、一日「染め物」というスケジュールにあてて

 

一緒に大鍋でぐつぐつと煮出したり、ぬるま湯ですすいだり、媒染液で

 

定着させたり。ひとつひとつは単純作業でしたが、30分単位での

 

工程だったりしたので、けっこう時間はかかりました(途中で読書など)。

 

 

 

 

で、染め上がりがこんな色に!

けっこうしっかりと深みのあるカーキに大変身したので、ふたりとも大満足!
達成感のある日曜日となりました。
※ということで年賀状、未着手ですが!
材料;どんぐりの帽子 大きなボウルいっぱい
   鉄媒染液(今回分けていただいたけど、錆びた釘などからも
        自分で作れるようです)
   染めるもの
色;どんぐりの帽子で白いものを染めるとグレーになります
  濃淡はお好みで加減してください

 

 

| | 11:42 |
<< 冬のかんきつ | トップへ | プロセス >>
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
これまでの記事
最近の記事
モバイル
qrcode