「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
無垢の床 経年変化/8年目

 

4年ぶりに無垢の床にオイルを塗りました。竣工後8年で3回目です。

 

無垢の唐松材にはだいぶん風合いが!

 

 

 

大型の家具を動かせるだけ動かして 床板3枚ずつ作業を進めました。

 

私は リボスのメルドスハードオイルか蜜蝋ワックス(Cタイプ)をよく

 

使うのですが、今回はリボスのほうでいきました。

 

 

オイルを薄く塗り込んで、10分後ぐらいをめどに力をいれて拭き取り。

 

拭き取りが甘いと、べたつきの原因になってしまうので力をこめて行います。

 

一人で家全体。延べ2日、合計8時間ほどの作業でしたが、2日目の朝に

 

背中に筋肉痛がでたぐらいです。終わっての達成感はなかなかのものです。

 

床もひとまわりしっとりとして、また数年は放っておいてよさそう。

 

 

 

 

無垢材の床ってお手入れが大変では?とか

 

高価では?とよく質問をうけますが、答えはどちらもNOです。

 

 

 

 

日常のお手入れは ワイパーでさっとホコリをとるか掃除機。

 

ごくまれに、雑巾がけです。引っ越してきた8年前、下の子は2歳。

 

おもらしや、ジュースをこぼしたり、ごはんを落としたり、おもちゃを

 

ぶつけたり。またここのところ猫が家族にはいったので、爪の跡もたくさんあります。

 

でも、そんなことも含めて床は十分うけとめてくれています。

 

 

 

コストは、林産地に近い方から直接買わせてもらうので、塩ビ系の

 

建材に比べると多分倍ぐらいはしますが、決して高価ということも

 

ありません。気をつけることと言ったら 無垢材を貼れる大工さんに

 

貼ってもらうこと。無垢材は天然素材ですし、やはり伸び縮みするので

 

そのあたり作法が分かっているかたでなければ 後々、不具合がでると

 

思います。

 

 

 

季節のいいうちに大掃除をすませておけたらな!と家のいろいろなところを

 

数年ぶりにお手入れしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 11:55 |
<< 古びたものたち | トップへ | 大規模な改装/大阪府 >>
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
これまでの記事
最近の記事
モバイル
qrcode