「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
古びたものたち

 

入居して8年になる 今や猫のつめ跡だらけの唐松の無垢板。

 

(これは8年前は新品でした!)

 

 

木箱はMさんから、スツールは学校の処分品、壺はYさんから

 

いただいたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと暗いなと8年思案してたキッチンの一角にこのスポットライト。

 

つい先日、Nさんよりいただきました!イメージぴったり。

 

 

 

夜、キッチンの灯りをこのスポットだけにすると 部屋の奥行き感が

 

増したように感じます。次女の絵を飾ってみましたよ。

 

 

 

あと、こんな色サンプルもNさんからもらってきました。何作ろうかな。

 

 

 

次の朝、次女がお布団の上でこんな色遊びをしていましたよ。なかなか素敵!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 暮らし | 18:14 |
<< まどのいえ 再訪 | トップへ | 無垢の床 経年変化/8年目 >>
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
これまでの記事
最近の記事
モバイル
qrcode