「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
小さなサロンのある住まい/羽曳野市 完成写真

6月中旬に見学会をさせていただきました羽曳野の新築。

 

こちらで撮った拙い写真ではありますが、少しまとめましたので

 

ご覧ください。

 

 

角地に建つ住まいです。視線をある程度さえぎりつつも、

 

風を受け、そして家の中を通すように配慮しています。

 

    

              +

 

 

 

格子内部の半屋外空間。軒下で壁や格子に囲まれており、使い易い

 

空間になっています。勝手口、洗濯物を干したりの用途です。

 

 

              +

 

 

 

 

内部空間は、無垢材とフェザーフィールで温かみのある仕上げとしています。

 

LDKに隣接して 広めの(10帖大)南バルコニー!

見学に行った吉野の杉で家が造られていると思うと、また一層愛着がわきます。

 

 

 

              +

 

 

 

 

 

 

この後、住まい手さんがウッドデッキをDIY!

さらに室内のような雰囲気になりますね。ここでご家族のたくさんの
物語を紡いでいただきたいです。雨の日でも出れますし、ラッキーなことに
あまり蚊がでません。
              +
架構と一緒にデザインした台所の特注家具。奥様の念願、アイランドキッチン。
              +
書斎コーナー。ここ 居心地かなりよいです!
              +
隠れ家的なサロン。こじんまり。おひとりずつお迎えとのことで、
ゆっーたりと癒やしてもらえそうです。
そろそろお引っ越しされるかな…と春摘の手を離れたばかりの住まいに
想いを馳せる昼下がりです。
| 設計 | 14:25 |
<< 庭でごはん | トップへ | 暮らしの灯り >>
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
これまでの記事
最近の記事
モバイル
qrcode