「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
人生がかわってくる

 

小雪の降る中、自転車で現場監理に通い、寒い日にみんなで漆喰クリームを塗った

 

お家。先日 ご友人も交えた完成披露パーティーがあり、お呼ばれしてきました。

 

 

 

 

住まい手さんの美味しいお料理、お酒にくわえゲストも手料理を持参しいろんな

 

食べ物が並び、とても美味しいそしてとても楽しい時間となりました。

 

 

 

 

暮らしもすこしずついいほうへ変わってきておられるようです。

 

もちろん今までも スタイルのあるすてきな暮らしをされてたんですが

 

改装をきっかけに住宅性能(構造強度、断熱性能、明るさなど)があがった

 

ことにくわえ、間取りも使いやすくなり、2階にあった多くの物を処分。

 

設計段階、工事期間で、「暮らすこと」の定義をご夫妻でより見直されたような

 

そんな印象でした。

 

 

春摘は、ここから始まる新しい章の下地作りをサポートさせてもらったような。

 

 

 

 

 

今まで眺めることのなかった庭。今度は室内からしっかり眺められます。

 

集まったみんなでその広い庭をどうしたらいいか!などといろんなアイデアを

 

出し合いました。庭はずっと育っていくもので手を入れつづけ育てて行くもの。

 

そのぶん難しさもありますが、素敵な庭を育てる喜び、使う喜び、眺める喜びと

 

恩恵も大きいと感じます。

 

 

ご主人が「手入れは私がすることになると思います!」と発言されてました。

 

わたしも庭の変化がとても楽しみです。

 

 

 

 

一緒に行った共通の友人からも

 

「もう二人の人生変わってます!」とメールが届きました

 

 

 

 

こういうところに住まいを楽しんでおられる感じが伝わってきます。

 

 

一番下の■は猫用のドア。

 

 

 

 

 

 

+  +  +  

 

 

さぁ、あとひと月でもう一つのご家族に新しい住まいが渡せます。

 

お庭、半屋外スペースがかなりたっぷりの計画です。

 

 

 

こちらにも すてきな暮らしの変化。どうか訪れますように!

 

 

 

 

 

 

 

| 暮らし | 15:49 |
<< 全体の消費エネルギー量を知る | トップへ | 花を飾る >>
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
これまでの記事
最近の記事
モバイル
qrcode