「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
高知のこと

高知の旅から日常にもどり、早 ひとつき。

 

忘れないうちに少しかいてみます。

 

 

 

 

この夏のH夫妻のエピソードとしては、

 

「Yさん、服 破れてるよ」

 

「そうなん。服、10年着るとそこらじゅうが一斉に破れてくるね」と

 

真顔で話していたおふたり。家には美しい道具や 素材のよい布のみが

 

あり、ものがかなり少ない暮らしをされていて、衣類も10年という年月、

 

大切に着られているのがよくわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高知に住むH家。もともとはわたしの従兄弟がつれてきてくれた

 

関東在住のご家族でした。福島原発事故を機に、西への移住を決意。

 

「関西で 葉山みたいなところってどこですか?」と第一声。

 

 

 

そのころH 家は、

 

オフグリッド(電気インフラから遠のいて暮らすこと)をめざして

 

自力発電とか、トイレもできればコンポストトイレで…

 

自力建設なんかもしたい。野菜を作りたい。貨幣をあまり使わない暮らしを

 

したい。と さまざまな地に住んできて そういう方向へ一歩を

 

踏み出していかれようというタイミングでした。そういう志の家族、

 

その後どうなっていくのかな?となんだか気になりときどきメールしたり

 

お電話したりしていました。

 

 

 

 

 

それから 京都市左京区、高知市を経て高知県香美市に居を。

 

古い家を 自力でDIYしたり友人につ手伝ってもらったりしながら

 

今、自宅棟、カフェ棟をつくり、畑を開墾しと くらしを紡いでいって

 

おられます。

 

 

 

わたしたちが、寝袋持参で遊びにいきたい!と打診したところ

 

小屋が完成すると思うので、ぜひどうぞ。ということでこの夏

 

昨年に引き続き高知へと車を走らせたのでした。

 

 

とにかく 気持ちのいいご夫妻でお話しするとこちらも

 

エネルギーが満ち満ちてくるそんなところが好きでまた会いに

 

いったという感じです。(あと、私たち家族も、高知に流れる

 

気 や気質に惹かれています)

 

 

 

 

 

 

なんと、到着2日前に手作り漆喰を塗り終えられたばかりの小屋に

 

泊めていただきました。

 

 

漆喰は なやカフェのゆうきさんという方の指導により ダンボールと石灰から

 

手作りしたとかで! 3畳ほどの極めてシンプルな小屋。

 

夜は 手製の網戸により虫から守られ、夜中にふった大雨もしっかりしのいで

 

でも、虫の音や月光を浴び、外で休んだようなそんな経験をしました。

 

 

 

ある夜は車の通らない道路の上に毛布をひいてもらって

 

蚊にさされないよう毛布をかけて、手にはかとり線香を

 

持って 6人雑魚寝でたくさんの星をみたり。

 

 

 

 

午前中に近所の直売所にいき、穫れたての野菜やスイカを

 

買い込み、野菜たっぷりのお食事をみんなでいただいたり。

 

夜は高知流の厚切りカツオのさしみに舌鼓をうって。

 

 

 

 

子供達が寝付いてからは大人達で おもしろいお話を

 

したり。日頃 ばたばたと忙しいわたしも ほんとうにリフレッシュ

 

させていただきました。

 

 

 

 

 

 

そして。滞在中はコンポストトイレをおかりしました。

 

 

 

 

 

とても簡単に快適に使用でき、下水道にお世話にならないトイレというのは

 

とても環境負荷が少ないだろうなと感じています。

 

 

 

今、ご家族ではゴミを極力ださない暮らしに取組んでおられます。

 

 

 

 

そういうことを、見直していくきっかけももらったこの夏でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 暮らし | 14:14 |
<< 吉野杉に会いに/羽曳野 新築 | トップへ | 子供のお手伝い >>
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
これまでの記事
最近の記事
モバイル
qrcode