「長く使って素材に味が出て、そして愛着が増していく」そんな住まいをお渡ししたい。
設計事務所「春摘」の日々を綴ります。
無垢のフローリング と 床暖房
春摘で設計する住まいの95%は無垢のフローリングを納めています。


その理由は…
◎気持ちいい(足触り、調湿作用、香り)
◎メンテナンスも楽(数年に1度のオイル拭き。傷がついても味になる)
◎年月を重ねるごとに古びて美しいこと
◎環境負荷が少ない


事務所にお越しになって体感なさると迷わず無垢のフローリングを
選ぶ方が多いです。コストも 建材とくらべてもちょっと高いけれど、
長い目でみたら安いものです。



唐松   無節、上小節、一等材
クルミ  上小節
クリ   ユニ材(短い材を長さ方向に寄せ集めた無垢材)
ヒノキ  無節、上小節、一等材
杉    無節、上小節、一等材

など 予算や、お持ちの家具、お好きなテイスト、ご家族の雰囲気などから
いろいろおすすめさせていただいています。




これから着工する箕面のおうちで使用する唐松フローリングに温水床暖房を
組み合わせるということで、床暖房の試験をしました。
日常使いよりも厳しめの60℃の温水で174時間。


メーカーは 富士環境システムです。
温水床暖房にしては 水温が低温なのが特徴です。
Oガスなどではプラスチックの素材であるところが銅製だったり。
(実直な物作りで 温水床暖の場合は、こちらのメーカーのものを使用することが多いです)
http://fek.jp/index.html



床材は コボット木材
(良材が良心的な価格で購入できます)
http://www.cobot.co.jp/okayamawood/okayamasankenzai.html


1;床暖パネルに直接唐松フローリング
2;床暖パネルに12ミリのベニヤ、その上に唐松フローリング


結果、どちらにも大差無しということと、表面温度に5℃の差がでました。
(実際には 2割の試験体において直貼りサンプルの縮みが若干大きかった)


無垢材と床暖房を組み合わせる場合は、
◎フローリングがよく乾燥していること
   また床暖房と組み合わせる樹種を知ること
 フローリングの巾が比較的小幅であること
◎床暖房の温度の低いものを組み合わせること
◎経験のある業者さんに施工してもらうこと

が大事かと思います。


















 
| 設計 | 15:15 |
<< 大人になること | トップへ | 手こぼし/箕面 改装工事 >>
春摘について

カテゴリー
繋がり
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
これまでの記事
最近の記事
モバイル
qrcode